より高濃度なミノキシジル育毛剤を選ぶ

国内で有名な育毛剤にはミノキシジルが含有しており、この成分の濃度が高くなると育毛効果もより高くなることが分かっています。

その為、国内で販売している高濃度な製品を使い続けることが有効ですが、更に濃度の高い製品が外国のネットショッピングで購入することが可能です。

英語のサイトで買うことも出来ますが、フィナステリドなどのAGA治療薬が日本語で販売しているサイトがある為、海外の高濃度なミノキシジルの育毛剤を同時に購入することも可能です。

当然のように説明書などが外国語となっているため、使用上の注意などは自己責任となります。

より高濃度ななミノキシジルを塗布すると、ミノタブのように副作用の影響が出る可能性があります。

体毛が非常に濃くなったり、血圧降下剤の副作用となる低血圧の症状がでる事があります。

それは、動悸がしてしまうことや、仕事やその他のやるべき事にモチベーションが維持できないような状況です。

このような副作用が出るときには、育毛剤の使用頻度を下げミノキシジルを塗布する頻度を少なくして症状を緩和させます。

そうなってくると、育毛効果も当然のように下がるため、ほどよく効果を出しながら副作用をさけるための分量を自分で探す必要があります。

育毛剤を使う前の頭髪の写真を撮っておく

育毛剤を使って頭皮の変化を確認するときに重要になってくるのは、数ヶ月前の自分の頭皮の状態をしっかりと覚えていることです。

基本的には毎日鏡を見るはずなので、頭皮の状態を毎日チェックしていると、数ヶ月前の頭皮の生え際周辺の髪の毛の量などが思い出せないことがあります。

数年前にはもっと髪の毛があった程度で、その経過を随時記憶することがかなり難しいのです。

そんな事から、育毛剤を使って変化量を確認していくためには、育毛剤を使う前の段階で頭皮の写真を撮ることが有効となります。

現在のところはスマホでも高精細な写真を確保することができるはずなので、明るさをキープした状態でズームした写真を撮影するのです。

毛穴の状態までがある程度わかるような解像度の高い写真を撮影して保存しておくのです。

そして、育毛剤を使い始めて数ヶ月が経過した後に、全く同じアングルで部屋の明るさも同じにして写真を撮影します。

そうすることによって、細かな部位のうぶ毛の量などを比較する事ができるのです。

より良い育毛剤を選定するためには、このように細かなチェックが必要になります。

育毛剤を切り替えてもその変化量は僅かである可能性が高いので、判断に迷うことがあります。

間違わない判断をするためにも多くの情報を集めておく必要があります。